面接対策まとめ|リモート職の求人面接でよく聞かれる質問例14選まとめ

Work

コロナ禍により多くの企業がリモートワークを採用し、そして以前に比べるとリモート職の求人が一気に増えました。

私もこのコロナ禍でリモートでの仕事を始めた一人です。私の様に、長期の子供たちの休校とコロナのゴタゴタで、リモートで仕事をしたいと思ったママさんは多いはずです。

私は今でこそリモートの仕事を得ることが出来ましたが、実はなかなか面接に受かることができませんでした。リモート職は今や人気職なのですし、コロナ真っただ中だったので競争率も大変高くなるのは当たらい前なのかもしれません。

私はその20回近い面接で、面接の質問内容がどれも大変に通っていることに気付きました。特にリモートワークには、自律性、独立性、柔軟性の向上、効果的な時間管理、スケジュールの順守、およびリモートワーカーの組織にとって重要なスキルが含まれます。このあたりのスキルを聞き出す質問が多かったです。

この記事では20回近いリモート職の面接を経験し、最後には仕事をつかみ取った著者がよく聞かれる質問例を教えます。

リモートでの仕事の経験はどのくらいありますか?

一般的に転職などの際には経験が重要で、そのポジションでの経験を聞かれますが、このポジションではリモートワーカーとしての経験を聞かれます。仕事の経験と共にリモート環境での就業経験を重視されます。

リモートワークで成功した確かな実績がありますか?

業務や過去の経験で成功した実績などを聞かれることは多くありますが、リモート職の場合、リモートワーカーという形態での結果が出せたがどうかを聞かれます。特に、リモートという分散したチームでの成功体験はポジティブな評価となります。

リモートワークの取り決めについて、何が難しいと思いますか?

リモートで働く場合、オフィスで働くのとは全く違うルールなどが出てきます。私の仕事の場合は、マウスとトラッキングシステムが連動しているので、マウスが数分間止まると上司に報告が行きます。他にもよくあるのがPCのカメラを常にオンにするケースやオフライン環境とは違うトレーニングなどがあります。

この質問に対して、難しい点を素直に話、そしてちゃんと解決策まで提示しましょう。

リモートで作業している間、モチベーションと集中力を維持するためにどのようなテクニックを使用しますか?

この質問の仕方と、「どうやってリモートのストレスを解消しますか?」といわれるパターンがあります。

リモート環境でのツールは使ったことがありますか?

リモートではZoomやChatworkをはじめ、オフィスではあまり利用をしていなかったツールを使います。また、カスタマーサポートなどは独自ツールを使うことが多くアマゾンでの就業経験を聞かれることが多々あります。

自分のアイディアで実行した経験を教えてください。

リモート環境では同じオフィスで働くのとは違い、すぐに問題の答えが出ないことが多々あります。その際に、問題解決のために自分でアイディアをだして動くことが出来る人間なのか見られます。

成功しなかった経験を説明してください。その経験から何を学びましたか?

一般的な面接では成功経験を聞かれることが多かったのですが、リモートの面接では不成功の経験を聞かれる機会が多かったです。リモートではチームで働いても自分で問題を解決しないといけない場面も多いので、不成功からの立て直し経験を聞かれるのかもしれません。

他のチームメンバーと効果的にコミュニケーションをとるために、どのような対策を講じていますか?

技術ツールの質問がメインになります。どんなツールを使って円滑にコミュニケーションを取ることが出来るのかを聞かれます。

スケジュールを管理するためにしていることは何ですか?

タスクの優先順位付けと成功した時間管理の成功例を話せるようにしておきましょう。

前の仕事の何が好きでしたか?

今、求人している仕事ではなく以前の仕事について聞かれることが多かったです。リモートワークは孤独なので、あまり「会社の人間関係が好きでした」などは答えない方がいいでしょう。孤独な仕事が無理だとみなされます。

部屋の騒音はありますか?

これは、カスタマーサポートの仕事に応募したときに必ず聞かれる質問です。カスタマーサポートの仕事はペットと子供がいたら、たとえ家にオフィス用の部屋を確保して静かな環境を用意しても受かりません。凄くシビアです。逆に子供とペットがいない人は受かりやすいです。

リモートで作業しているときに、技術的な課題は予想されますか?

リモートワーカーは仕事で使うシステムなどの設定は全て自分で理解して行わなければならず、トラブルが起こったときに対応を出来ないといけません。そのために、リモートで必要な知識や技術は必要です。

ワークライフバランスはどうですか?

リモートは通勤がないので、一般的にはワークバランスは良いのですが、自宅ではたらくことでオンオフの切り替えが出来ずにストレスに感じる人も多くいるそうです。

なぜこの会社で働きたいのですか?

どの面接でも必ず聞かれますね。「リモートだから働きたい」という方も多くいると思いますが、その思いは口に出さずに会社の製品やサービス、企業理念などにひかれたと答えましょう。

まとめ

リモートの面接では一般的な面接の質問の他に、問題解決能力が高いか、リモートでの経験があるかなどリモートという労働環境でちゃんと働くことができるのかを重視されます。一体自分がリモートで働いたときにちゃんと働けるのか、ポジティブな事だけでなくネガティブな事が起こった場合の対処などをイメージをしてみることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました