【2021最新】APPENが 向いているのはこんな人! 評価も紹介

Work

当サイト「MURAKO LIFE」を運営しているむらこです。

2019年よりAPPENでフリーランスとして仕事を始めて3年になります。

APPENで実際3年も仕事を受け続けている私だからこそ分かるAPPENのメリットデメリット。

この記事を読むことで

・APPENという会社とは?
・APPENに向いている人、向いていない人
・メリット・デメリット

こんな疑問を解決できます。

とにかく英語が少し得意で在宅で仕事をしたい方にはお勧めの会社です。

日本語での情報が少ないAPPEN。お仕事を始める前にぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

APPENの特徴・どんな会社?

1.AI開発分野のトップ企業
2.有名企業がクライアント
3.安心のリモートワークシステム

特徴をまとめてみました。一つずつ解説します!

AI開発分野のトップ企業

APPENはオーストラリアの会社ですが、この分野では世界最大手、オーストラリアでは上場もしている安心して働ける大手企業です。

仕事は主に、AIのトレーニング作業や、検索エンジンやソーシャルメディア・プラットフォームが提供するサービスの評価に関するものになります。

日本ではあまり知られていない会社ですが、安心して働ける世界的な大企業です。
たまに、日本の求人サイトでも広告が出ているのを見かけますが、応募の項目をクリックすると英語のサイトに飛ばされてしまうし、日本語での情報も少ないのでかなり不安になる方の多いと思いますが、ご心配は無用です。

有名企業がクライアント

APPENは自身も大企業ですが、APPENのクライアントは私たちでも名前をよく耳にする世界の大企業ばかりです。

クライアントにはトップ10のテクノロジー企業のうち8社が含まれています。
APPENがこの業界最大手だからこその、このクライアントの面々です。自分たちが普段目にして利用しているようなITサービスの仕事にかかわることが出来ます。
そして、世界に名高い大手がクライアントだからこその、高額報酬もAPPENの特徴です。

安心のリモートワークシステム

今でこそコロナ禍で「リモート」という働き方が定着してきましたが、APPENは先駆者です。

AIの教育用データーの収集をしているので、世界中でと1,000,000人以上、180を超える言語と130か国でフリーランスと契約をしてます。

ちなみに、グローバル本社はオーストラリアのシドニに、米国、中国の北京、フィリピンのカビテ、イギリスのエクセター、日本の東京にもオフィスを構えています。
リモートで世界中から人を雇用するのがかなり前から当たり前の会社なので、リモートで働くことにストレスを感じません。
日本語の字幕入りのAPPENの会社紹介の動画です。APPENがどんな会社かイメージがつかみやすいので視聴をおすすめします!

APPENに向いている人、向いていない人

APPENがどんな会社か解説しましたが、一体どんな仕事があってどんな人がむいているんでしょう?
1.仕事の種類
2.英語のレベル
3.PCやスマートフォンなど仕事に必要なもの
4.プロジェクトとテスト
ここでは上記のことを解説していきます。応募する前にぜひチェックしておきたいですね。

仕事の種類

APPENでは6か月ごとに契約を結びます。会社は、契約者のパフォーマンスに応じて、同じ期間の契約を自動的に更新することもあれば、しないこともあります。全てパフォーマンス重視なので、この点はシビアです。

主な仕事は以下の4種になります。

①インターネット・アナリスト
②語学の仕事
③マイクロタスク
④コーポレート・ジョブ

インターネット・アナリスト

パートタイムの在宅ワークで、コンピュータやモバイル機器が必要です。レイタージョブ(rater jobs)と呼ばれています。

レイター・ジョブには、次の2種類があります。

□検索エンジン評価者
□ソーシャルメディア評価者(Social Media Evaluator)

在宅ワークのお仕事はこの仕事がメインになります。それぞれのプロジェクトによって評価方法が異なります。

語学の仕事

トランスクリプション、翻訳、言語学の仕事があります。

翻訳の経験や言語学の学位があると、この分野のオファーもあります。

マイクロタスク

データ入力やデータ収集など、自宅で1時間程度でできる簡単な作業です。

コーポレート・ジョブ

エンジニアリング、マーケティング、ファイナンス、セールスを中心としたグローバルオフィスに所属する職種。

英語のレベル

APPENでのお仕事は全ての書類は英語です。実際の仕事では自分の言語を使っての評価をすることが多いですが、その前のテストは全て英語です。

応募要項にも「流暢であること」が求められています。

でも、そこまで心配することもありません。APPENでは基本、全てのコミュニケーションがテキストです。在宅ワークのポジションに英会話をする機会はほぼありません。

ある適度の英語が読める人、もしくは翻訳機の補助があれば英語がわかる英語に抵抗が無い人であればどうにかなるレベルです。

もちろん、語学力のある人には翻訳や語学を振る活用できるようなプロジェクトも紹介されるので安心してください。

PCやスマートフォンなど仕事に必要なもの

APPENで仕事をするのにガジェット類は必ず必要となります。購入4年以内のPCとスマートフォンは必須です。

プロジェクトによって要求されるガジェットやOSが変わるので、ガジェットの種類が多い方が仕事を紹介される率が上がります。

最近だとスマートホームシステム所有者の仕事も増えました。

プロジェクトとテスト

APPENの仕事を始めるにはAPPENに登録するだけではだめです。プロジェクトに応募して承認され、テストに合格してやっと仕事が始められます。

プロジェクトも無限に人が必要なわけではないので、早いもの順だったり、審査があります。

そしてテスト。これが厄介です。

簡単なテストなら数枚、ほとんどのテストは数十枚の英文がびっちり書いてあるガイドラインを読み込み、テストをパスしなければいけません。

このテストが、英語でのネット専門用語を理解していて、英語圏の文化に精通していないとパスできなかったりします。

実際の仕事は日本語で日本のインターネトでの何かを評価するので、日本の文化をよく理解していることが大切なんですが、テストは英語で英語圏でのことを問われることが多いんです。

例えば、この単語がスーパーマーケットの事なのか、芸能人のことなのか、テレビ番組なのかユーチューバーなのか。参考書に出る知識ではなくて、普通の人が生活をしていくうえで知っている知識が必要になったりします。

メリットとデメリット

実際、APPENて働いてみてどうなのか、3年働いた私のリアルな経験からメリットとデメリットをお伝えします。

メリット

APPENのメリットはとにかく報酬が高い事。

ほとんどのプロジェクトが日本円で時給2000円くらいです。

この価格帯での在宅のお仕事って本当になくて、ぜひおすすめしたいお仕事です。

しかも、仕事が簡単です。テストをパスするのは本当に面倒くさいんですが、テストさえパスしてしまえば、難しい仕事ではありません。

仕事によりますが、スマートフォンでできる仕事もあり、本当にポチポチテレビを見ながらスマートフォンを打ち込むだけで時給2000円。

本当に最高だと思います。

デメリット

デメリットは仕事量に波がある事です。いきなりプロジェクトが終わってしまったり、時期によってはお仕事が全然なかったりします。

競争率も高く、テストも難しく、いい時は本当に楽々稼げてしまうんですが稼げなくなると本当に稼げません。

例えば、長期である程度ボリュームのあるプロジェクトに参加できることになったとしても、そのプロジェクト一本でなくて他も平行してやったり、仕事は分散させて方が何かあったときに傷は浅いと思います。

まとめ

APPENは世界的なAI開発企業で、世界中にフリーランスのスタッフを抱えています。フリーランスとしては報酬もよく、安心して働ける企業です。

・英語を使って仕事をしたい
・在宅で仕事をしたい
・インターネットをよく使う
といった方には大変おすすめなお仕事です。
私もそうでしたが情報も口コミも全然ないのでAPPENで仕事を始めるのって本当に勇気がいりますよね。でも、実際はじめてみると企業はしっかりしているし、報酬は高額だし良い事だらけでした。

まずはAPPENに応募をしたい方

>APPENでお仕事を始める

一旦、どんなお仕事があるか確認したい方

>APPENでお仕事を探す

APPENでのお仕事をする参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました