スポンサーリンク

UPWORKで月25万以上稼ぐ私が教える3つのメリット・デメリット【海外クラウドソーシング】

スポンサーリンク
外貨を稼ぐ
スポンサーリンク

当サイト「MURAKO LIFE」を運営しているむらこです。

UPWORKというアメリカのクラウドソーシングで海外クライアント向けにバックオフィスサポートをしています。

UPWORKは利用者数が世界でトップクラスの人気クラウドソーシングですがまだまだ日本語での情報が少ないです。そのため利用するのに少し勇気がいります。

この記事を読むことで

・UPWORKというプラットフォームとは?
・UPWORKに向いている人
・メリット・デメリット

こんな疑問を解決できます。

とにかく英語が少し得意で在宅で仕事をしたい方にはお勧めのプラットフォームです。

日本語での情報が少ないUPWORK。お仕事を始める前にぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

UPWORKとは?

Just a moment...

UPWORKは世界最大級のクラウドソーシングプラットフォームです。

・1200万:を超える登録フリーランサー
・500万人:登録クライアント
・案件:一年で300万以上が投稿
利用者も案件数も多く、案件の幅の広く多様な仕事を見つけることが出来ます。
これは2017年の数字なので、コロナ禍で利用者はこれよりもかなり増えていると想像できます。

日本の企業に当てはめるとクラウドソーシングサイトのランサーズクラウドワークスがのような感じです。

ランサーズやクラウドワークスとの違いは、グローバルである事です。ランサーズもクラウドワークスも多言語対応はしていませんが、UPWORKは世界180か国以上から利用者がいます。

もちろん日本からの利用も可能です。

UPWORKに向いている人

UPWORKに向いている人はずばり英語に抵抗が無い人です。

英語の仕事を探している人はもちろんなんですが、英語力がそこまでなくても英語に抵抗が無い人なら利用できます。

英語力を重視するような翻訳のような仕事から、英語はコミュニケーションさえ取れればいいという案件まで多様な案件があるからです。

そして、臨機応変な人です。クライアントは日本人ではありません。同じ仕事内容でも勝手が違うことが多々あります。それを臨機応変に受け入れられるかは鍵になります。

英語に抵抗がなく臨機応変な人が向いている

メリットとデメリット

実際、UPWORKて働いてみてどうなのか、私のリアルな経験からメリットとデメリットをお伝えします。

メリット

ライバルが少ない

UPWORKの利用者数は誠意でもトップクラスですが、まだまだ日本人の登録者は少ないです。

私自身、ランサーズなどで中々案件を獲得することはできませんでしたが、UPWORKではすぐに長期の継続案件を獲得することができました。

日本語のネイティブを望むクライアントが多いので、ライバルが少ない中で日本語がネイティブというだけでとても強みになります!

今まで英語の仕事を中々獲得することが出来なかった人こそぜひお試しいただきたいです!

多様な案件がある

UPWROKは案件の数だけでなく案件自体も多様なものが多いです。また、世界的大企業もクライアントとして利用をしているので、運が良ければ大企業と長期契約を結ぶこともあるかもしれません!

無料で案件へ提案ができる

他のフリーランスプラットフォームはサイト利用に月額料金が必要なことがありますが、UPWORKは基本無料です。

案件に提案するのにマイルストーンが必要になります。これは月の初めに自動で追加されたり、面接を受けたりすると追加されます。

有料で購入することもできますが、面接を受けることでマイルストーンが増えるので、私は一度も有料で追加せずに利用をしています。

デメリット

UPWORKは初心者は登録できない

実はUPWORKは登録に審査があります。私は日本でランサーズやクラウドワークスも利用していますが、これらのサイトは登録に審査はいらないですよね。(本人確認などはもちろんあります)

UPWORK自体はこの審査について内容を公表していないのですが、海外のFQAサイトを見ると「経験半年以下の初心者」が落とされる傾向が強いようです。

ランサーズなどは初心者も登録ができ、このプラットフォームを利用することでフリーランスとしてのスキルアップをしていきますが、UPWORKではすでにフリーランスとして実績のある人のみ登録ができます。

ここで必要なのは、スキルが無いと尻込みをしないことです。UPWORK側からしたら、日本語というマイナー言語を使えるだけでもスキルがあるとみなされるので、日本語でのコンテンツライティングの経験や、事務経験ですらスキルと言えます。

SNSを重要視される

UPWORKは登録の際にSNSの登録欄があります。Twitter, Facebook, Lindin, ブログなどです。SNSを放置気味だった私にはけっこうキツイ項目でした。

これらは、SNSでなくフリーランサーたちのコンテンツとみなされて、仕事の受注につながります。特にLinkdinは履歴書と同じような扱いまでされます。そして、ブログはポートフォリオです。また、日本語でのSNS運用などといった案件もよく見かけます。

UOWORKに限らず、フリーランスにとって自分のコンテンツを持つことは強みになります。「クライアントも自分のSNSをみている」という気持ちを持ち、SNSやコンテンツ作りをしましょう。

報酬がドル払い:海外送金用のアカウントを持っておこう

UPWORKでは報酬の支払いはドル払いです。そのため、受け取るためには海外送金が必要となります。UPWORKは日本の銀行に直接振り込みをしてくれるサービスもあるのですが、私はPayoneerPaypalのような送金用の口座を持っていると便利です。

Blank

ドル払いの場合は為替によって金額が変わるので、Payoneerのような維持費無料の海外送金用の口座にためておいて、ドルが高い時に一気に引き出すとちょっとしたお小遣いになります。しかも引き出し手数料は一回数百円です。

まとめ

UPWORKは世界最大級のフリーランスプラットフォームで、世界中のフリーランスと世界中の企業やクライアントが利用しています。安心して働けるプラットフォームです。

・英語を使って仕事をしたい
・在宅で仕事をしたい
・インターネットをよく使う
・海外クラウドソーシングに興味がある
といった方には大変おすすめなお仕事です。

私が登録する際は情報が少なく手探りな状態でした。登録の際もかなりてこずりましたし、お金を受け取る際も入金トラブルがありました。

海外サイトなので相談する場所もなく、自分で調べてとても時間がかかって回り道してしまったので、これからUPWORKを利用する方たちにはぜひスムーズにご利用をしてほしいと思います。

ぜひ準備万端で登録してください。これから利用したい方の参考になればうれしいです。

こちらも併せてお読みください。

人気の海外クラウドソーシングサイト8選!総合タイプ編【2022年版最新】
当サイト「MURAKO LIFE」を運営しているむらこです。 2021年5月よりクラウドソーシング中心にフリーランスとして働いています。日本でも副業熱が高まりランサーズやクラウドワークスなどといったクラウドソーシングの人気が高まってい...
人気の海外クラウドソーシングサイト13選!特化型!クリエイティブ・タスク・その他編【2022年版最新】
当サイト「MURAKO LIFE」を運営しているむらこです。 2021年より海外クラウドソーシング中心にフリーランスとして活動をしています。日本でも副業やフリーランス熱が高まりランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイト...

Hi Impact

コメント

タイトルとURLをコピーしました