新しい働き方LABって何?現役研究員が解説します。

Life

当サイト「MURAKO LIFE」を運営しているむらこです。

2021年6月より新しい働き方LAB研究員第一期生として活動をしています。

研究員として活動をして半年でフリーランスになり実際に収入が増えた私が新し働き方LABについて解説をします。

この記事を読むことで

◆新しい働き方LABってなに?
◆どんなことをするの?
◆どんな人に向いているの?
◆儲かるって本当?
◆メリット・デメリット
こんな疑問を解決できます。
とにかく何か始めてみたいけど第一歩が踏み出せない人にはお勧めのコミュニティーです。
まだまだ始動して一年目のコミュニティー。ちょっと気になっているという方の参考になれば嬉しいです。

新しい働き方LABってなに?

新しい働き方LABとは株式会社ランサーズが運営する個人同士で成長しあえる、全国共創コミュニティです。

新しい働き方LAB by ランサーズ
ランサーズと全国のフリーランスの共創による、つながり・気づき・学びをコンセプトとした「新しい働き方コミュニティ」。専業・副業・複業をはじめ、これから新しい働き方をしたい人も集まる場で、誰もが自分らしく才能を発揮し、「誰かのプロ」になれる社会づくりを目指します。
対象は:フリーランス、副業、新しい働き方に興味のある会社員
コミュニティーを運営する株式会社ランサーズは日本最大級のクラウドソーシングプラットフォーム「ランサーズ」の経営母体です。
新し働き方LABでは全国のコワーキングスペースを運営し「つながり」「気づき」「学び」の場を提供したり、私が参加している「研究員制度」を実施しています。

研究員制度とは?

すごくなくても⾯⽩くなくてもユニークじゃなくても、その人が「やってみたい」ことなのであれば良い。
必ずしも世間一般でいう「新しい働き方」でなくても、その人にとって新しい一歩になるのであれば良い。

そして何より、上手くいっても、行かなくても良い。
実験だから。

新しい働き方LABでは「やってみたい」意思を持った研究員が300人集められ半年間自分なりの新しい働き方を模索する実験を行います。

実験はスポンサーの製品やサービスを利用して行う指定企画と自分自身、もしくは社会が思う「新しい」働き方を提案する自主企画の2種類あります。この企画の実験を半年間行い自分なりのアウトプットやゴールを目指します。

実験について興味のある方はこちらのサイトより詳細をご確認ください。

研究員制度|新しい働き方LAB by ランサーズ
新しい働き方LABの「個人の新しい働き方を実証実験する研究員制度」です。ランサーズ運営の新しい働き方LABは、つながり・気づき・学びをコンセプトとした全国フリーランス共創コミュニティです。専業・副業・複業をはじめ、これから新しい働き方をしたい人も集まる場で、誰もが自分らしく働ける社会づくりを目指します。

どんなことをするの?

大きな目標は半年間で自分なりの実験をゴールすることです。

従来のビジネス系のコミュニティーと違うところは決して収入に直結する必要が無いという事です。その人にとって「新しい働き方」であればいいのです。

例えば、仕事の前に瞑想をすると作業効率があがるのか?といったような実験でもその人にとっての「新しい働き方」であればいいのです。

それぞれの人が思う、それぞれの新しい働き方を実践していく、それが新し働き方LABの研究員制度です。

他にも指定企画はスポンサーのサービスを無料で試しスキルを向上されることができます。研究員の中には半年で以下のようなスキルを身に着けた人がいました

◆フリーランスに独立をした
◆WEBライターになった
◆スポンサーのAdobeソフトを利用し映像クリエーターとなった
◆講師になった
◆オンラインイベントを運営した
個々に皆さんたった半年で多様なスキルを身につけました。

コミュニティーでの活動

スキルアップ自体は各スポンサーの講座やランサーズの主催する有料講座、研究員向けの無料講座などがあります。

でも、スキルアップは講座だけではありません。発信をしてアプトプットをすること。コミュニティー特有の周りに引っ張られることによる伸び。研究員同士によるイベントの開催や活動。新しい事への挑戦。

コミュニティー内で挑戦や新しい仕事が生まれることもしばしばありました。強制力はないけれど、この緩い今までにないタイプのオンラインコミュニティーが丁度良い距離で個々の成長を促進させます。

私の実験

お恥かしながら研究員である私も実験に参加しました。

私は「手持ちスキル日本語で海外クラウドソーシングでどのくらい稼ぐことができるのか?」という実験を行いました。

手持ちスキル「日本語」で海外のクラウドソーシングサイトでどのくらい稼げるようになるのか?私の働き方実験 #研究報告書|むらこ|note
こんにちは。新しい働き方LAB研究員1期生のむらこです。 私は2021年6月より新しい働き方LABの研究生として活動をしてきました。今回この記事では『手持ちスキル「日本語」で海外クラウドソーシングサイトでどのくらい稼げるようになるのか?』という私の研究の半年間の結果をお伝えします。 ◆実験の目的と背景 まず実験...

心の中で温めていたけれど中々実行に移せなかったことでした。新しい働き方LABに参加してやりたかった事の一歩を踏み出すことが出来て感謝しかありません。詳しくは上記のnoteに実験の記事があります。興味がありましたら読んでみてください。

どんな人に向いているの?

何かやってみたいけれど一歩が踏み出せない方。今の働き方を変えたいと思っている方。フリーランス、副業、新しい働き方に興味をもっている会社員。全ての一歩を踏み出したい人に向いています。

実験は自主性がとても大切です。強要されるものではなく、自ら実験をすすめ学びます。自主的に行動ができる人は想像以上の伸びしろを見せることがあります。

儲かるって本当?

新し働き方LABは決して儲かりません。それは積極的にマネタイズするコミュニティーではないからです。

しかし学びにより人生の時給を上げることができる基礎は身に付きます。その基礎は研究員の期間の半年で養われます。今後その身についた力を継続することで収益につながります。

研究員制度終了後、収益が伸びるかどうかはまだ結果がでていません。

メリット・デメリット

実際、研究員になってみてどうなのか、私のリアルな経験からメリットとデメリットをお伝えします。

メリット

私にとってですがメリットが多くありました。

フリーランスとして独立

ただの主婦から一歩を踏み出しフリーランスとして独立、フルタイムと同じだけの収入を得るまでにいたりました。

まだまだ理想の働き方からは遠いですが、一歩を踏み出し一年前では想像をしていなかった今を手に入れることができました。

仲間が出来た

さらに一緒に切磋琢磨できる研究員の仲間と出会えたのは大きな一歩です。来年は同期の研究員と組み新しい挑戦を計画しています。

挑戦するハードルが低くなった

以前は挑戦なんて自分にとって無関係だと思っていましたが、今では挑戦しないともったいないと感じるようになりました。

人生がたのしくなった

日々にメリハリができて、忙しい反面楽しいと感じることが増えました。家庭・地域・肩書といいた壁にとらわれず自分の行き方を模索できるようになりました。

デメリット

物事はメリットもあればデメリットもあります

思ったようには進まない

成長は簡単ではありません。SNS界隈に流れているような、コミュニティーに入るだけで収入が増えるといった事もありません。スキルアップも強要されるものではありません。

周りの人の成長がつらい

自主性を重んじるコミュニティーであるからこそ、自主的に感張り素晴らしい成長を遂げる同期も多くいます。そのため自分がさぼっていたり停滞しているときだと心に刺さります。それがいい刺激になって頑張れる事もあるのですが。表裏一体です。

忙しい

これは仕方のないことですが、今の生活に新しい事を始めるのでとっても忙しくなります。駆け出しのフリーランスとしては仕方のない事ですが、結果をだそうとすればするだけ睡眠時間が削られます。

まとめ

新し働き方LABは自分なりの「新しい働き方」を提案するコミュニティーです。

・フリーランスや副業に興味がある
・新しい働き方に興味がある
・一歩踏み出して変わりたい
・一緒に成長できるコミュニティーが欲しい
といった方には大変おすすめなコミュニティーです。
私自身がこの半年で本当に変わることができました。同じように悶々とした日々を送り変わりたい、挑戦したいと思っている方にはぜひ挑戦してほしいです。

新し働き方LABは2期生を募集予定です。ぜひ公式サイトをチェックしてください。

新しい働き方LABの公式サイトをチェックする

副業に興味のある方

ランサーズでお仕事を始める

新しい働き方の第一歩になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました