千葉県の秘境「鋸山」|鋸山ロープウェイ・日本寺の魅力をお伝えします!

Life

当サイト「MURAKO LIFE」を運営しているむらこです。

千葉県の房総半島にある鋸山へ行ってきました。

千葉にこんな場所があったの!?アフガニスタンのバーミヤン遺跡みたい!驚きを隠せない壮大感です!

ディズニーランドや幕張メッセなどのイメージが強い千葉県ですが、千葉県の観光地の中ではナンバーワンのすばらしさではないでしょうか?

こちらの記事では千葉県の房総半島に位置する鋸山の鋸山のロープウェイからの日本寺へのコースの体験をお伝えします!

都心から1時間で行くことができる房総半島の秘境、ぜひチェックしてください!

鋸山とは

鋸山とは千葉県安房郡鋸南町と富津市との境に位置する標高329.4メートルの山です。

観光地となっていて、ロープウェイで上まであがり、そこから日本寺へ歩いていくことができます。

ロープウェイ

鋸山ロープウェー公式サイト

鋸山の頂上まで運んでくれるロープウェー。晴れている日は富士山を見ることもできます。
国土交通省認定の「関東の富士見100景」にも選ばれています。

料金は片道500円、往復950円となっています。

片道料金も設定されているのは、歩いて下山も可能だからです。

日本寺

日本寺公式サイト

日本寺は千葉県安房郡鋸南町にある、曹洞宗の寺院です。

寺院と言われていますが、山そのものが日本寺で本堂などはありません。寺というより、遺跡といった表現の方が正しいのではないのでしょうか?

昭和35年から6年の歳月をかけて作られた百尺観音はアフガニスタンのバーミヤン遺跡かと思える凄さです。これを昭和の時代に作られたとはびっくりです。

昔は石切りが盛んだった鋸山なので、きりだった石の壁が目立ちます。

山中にはいたるところに仏像がおかれています。

「薬師瑠璃光如来」という総高31.5mの日本一の大仏は圧巻です。世界平和、万世太平を祈願し、天明三年(1783年)に作られたそうです。

令和のこの時代、天明の世と同じく世界平和を祈りたいですね。

山道がとにかく大変

日本寺は山そのものが日本寺です。長い階段と山道を歩かなければいけません。

とにかく1日かけて山を歩きます。山中では飲み物は買えませんし、とにかく歩きます。

飲み物を持参し、歩きやすい靴をはき、動きやすい服装で行きましょう!

東京湾の見下ろす崖の上からの地獄のぞきもぜひお試しください。

まとめ

ちょばの秘境、鋸山の魅力をお伝えしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか?
ぜひこの異世界のような鋸山を味わってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました